ピアノ弾き 伊藤祥子の冒険

sachikoito.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 25 )

観光の日

5月27日の日記です。

尚美さんが今日は一日空いてるよ!とのことで、ルームメイトあやちゃんと三人で観光に出かけました。
Praça Mauáに美術館と博物館がオープンして、すごくきれいになってます!
(9年前はラジオを聴きに来てそそくさと帰るところだったのですが。。。)
f0223036_3272796.jpg


トラムが試運転をしています。
f0223036_3305100.jpg

近づいてみると・・・!!
f0223036_3311254.jpg

Chiquinha Gonzaga号です。
ホナウドがいつもMCのときに私のことを「日本のシキーニャ・ゴンザーガです」と紹介してくれて、
毎回なんとも照れくさいような穴があったら入りたいような気持ちになっておりました。
シキーニャ・ゴンザーガをご存じない方はこちら

ほかの車両はどんな名前がついているのでしょうかね?
気になります。

このあたりに来るとお昼はこれが食べたい!
f0223036_336522.jpg

タイトル「いわしとわたし」
このほか、moquecaもいただきました。
ここのPirãoはさいこーで、本体よりも実は気に入ってしまい、フォークの先でなめながらビールを飲んでました。(本体ももちろんおいしかったです。バイーアのムケッカとはちょっと違うリオのムケッカです。トマト多し!)

そして、思い出したように美術館MARへ。
Wlademir Dias-Pinoの展示が面白かったです。
ポストカードあったら買うのになあ。。。

とことこ歩いてウルグアイアナへ。お店をひやかしつつ、Casa Caveへ。
こんなタイルがきれいなお店。
f0223036_3545160.jpg

Pastel de Belem(エッグタルト)で一息ついて。

買い物の続き。なかなか気に入るものと出会えない中、ちゃくちゃくと買い物を進める尚美さん。
最後になぜか家の近くの駅の出口にちょこっとあるお店でドレスを見つけることができました。
満足。

ところで、Casa Cava の横は未だこんな状態。
f0223036_3591888.jpg

さっきのトラムが、ここを通り、Rodoviariaまで行きます。
間に合うのか?!リオオリンピック。
[PR]
by sachipaya | 2016-06-02 04:02 |

Bar Semente

5月26日の日記です。

Bar Semente。 
リオを象徴する名所のひとつArcos da Lapaのたもとにあるバーで、
最近少なくなってしまったと言われる「ちゃんと音楽を聞かせるお店」です。

f0223036_241366.jpg


1週間前にホナウドがブッキングすると言い出し、結局ほんとにやるの?といいながら、
2,3日前に決定。ばたばたwww。
当日はどうやら祝日だったらしく、完全に連休モードのリオの街で、正直お客様は少なかったのですが、
前回の滞在でお世話になったタカコさんとダヴィご夫妻に会えてうれしかったです。

こんな感じ。
(写真はタカコさん提供)
f0223036_2594035.jpg


ライブの後はホナウドがちょいとCarioca da gemaに寄って挨拶するとのことで、引っ付いて行きました。
サンバの現場に(というか今回はあんまりたくさん音楽聴きに行ってはいないのですが)やっと行けて、
わいわい賑わうところでワンセット聞いて帰ってきました。(ホナウドはほんとに挨拶だけして帰った。)
Casa do choroライブ終わりの若手ミュージシャンもたくさん集っていました。
[PR]
by sachipaya | 2016-06-02 03:04 |

Trio Madeira Brasil

5月24日、25日で再びJuiz de Foraに行ってきました。
Trio Madeira Brasilがコンサートをやるってことで、
前回お世話になったEloizaがうちに泊まっていいよ~と行ってくれたので押しかけた次第。

お昼ごろJuiz de Foraに到着して、ランチのあとくるっと観光に連れて行ってくれました。
Morro do Cristoへ。
f0223036_63626.jpg

山に囲まれた街を一望できます。
f0223036_637399.jpg


Trio Madeira Brasil。絶対ライブを見たいと思っていたのですが、ついに見れる日が来たわけです。
なのになぜかちょっと遅刻。。。頭三曲聞き逃す。。。
ブラジルもたまにオンタイムで始まるライブがあります。なんてこった。

気を取り直して。

f0223036_6383793.jpg

生音で聞かせるすばらしいライブでした!
息の合った演奏で、ホナウドも伸び伸びしてます。

Ze Pauloは英語がとても上手で結構たくさんお話できました。
「ともだちがみんな、日本に来てって言ってるわ」といったら、
「行きたい!」って。
航空券代の捻出にまで話は至り、これはなんとか考えなきゃ!
だれか協力してくれる人がいたら紹介してください。

f0223036_6402895.jpg


ミーハー写真です。
このDVDを入手し全員にサインをもらいました。
http://canalbrasil.globo.com/programas/faixa-musical/materias/veja-o-novo-show-do-trio-madeira-brasil.html

今からBar Sementeでライブやってきます!
[PR]
by sachipaya | 2016-05-27 06:47 |

再びリオ

5月24日に書いたものを今頃投稿します。

Bom dia!
ブラジリアから帰ってきて、5月22日は家でタコパ、というか粉もんコンプリートパーティをしました。
と言っても典型的ブラジルの日曜日の過ごし方ってじらしくて、
昼過ぎから人が集まりだし、2時くらいから焼き始め、たこ焼き、お好み焼き、うどん、焼きそばと関西人のソウルフードをダラダラ飲みながら出し、最後の一人が帰ったのは22:00ごろ?(私は睡魔に負けていた)
ゆったり楽しかったです。
f0223036_6255734.jpg

みんな面白そうにつついているうちに、上手に焼けるようになってましたよ。

その他、鰯でエスカベッシュ(醤油で味付け)、シュシュー(ハヤトウリ)も和風に炊いたり、好評だったようです。
f0223036_6271267.jpg


5月23日
いつものルーティーンで、17:00 Época de ouroのラジオ。
今週のゲストはGabriel Importa。新しいCDの宣伝してはりました。
ゲスト演奏にホナウドどセウシーニョも参加して、なかなか面白いセッションでした。ラジオ聞いてみてね。

そのあとはCasa do choroでAlice Passos と Maurício Carrilho.

あ、バスきた!
ホドヴィアーリアからの投稿でした。
今からJuiz de Fora でTrio madeira Brasil 見に行きます。
いいでしょ!
[PR]
by sachipaya | 2016-05-27 06:28 |

はしごショウ

5月21日の日記です。

Casa do Choroのショウは18:30スタートなので、ほかのショウとはしごできちゃいます。
それにしてもこの日はスペシャルでした!
完全に自慢日記です。

Paulo César Pinheiro e Regional Carioca
子供達(といってもばっちりキャリアを積んできてる方達ですが)に囲まれて、レジェンドの登場ですよ!!
満席も満席で、入りきれなかった人達のために上のバーでライブビューイングできるようにしたそうです。
生音に近い環境で聞くゆったりとしたサンバ。おうちに伺って聞かせてもらったような気持ちよさでした。
お風呂に漬かってるみたいだったわ。
f0223036_3522866.jpg


その後はBar Semnteへ。
Nicolas Krassik e Mestrinho
大好きなヴァイオリニストのライブだ!とタクシーで向かいました。
こちらも満席!!なんとか上から見ることができました。
f0223036_2172013.jpg

すごいアレンジ!打楽器なし、伸びる音の楽器だけでこの躍動感!!
Mestrinhoはまだ27歳なんですって。
サインをしてもらったら二人とも左利きでした。

興奮の一日でした。
[PR]
by sachipaya | 2016-05-23 21:11 |

Brasilia 三日間のショウ

5月18日から21日の日記です。
18日の朝のフライトでブラジリアにつきました。
あっという間の1時間20分なのに、ブラジリアはリオと同じ国にあると思えないほど違っていて、
きょろきょろしてしまいます。
ご存知の通り人工的だけど、きれいで住みやすそう。

さて、これがブラジリアのショーロクラブです。
オスカー・ニーマイヤーの建物の軒先でショーロの練習をする生徒さんたち。
f0223036_20213366.jpg


舞台から見た感じはこう。
f0223036_20232285.jpg


ちなみに客席はこんな感じ。結構大箱です。
f0223036_20261215.jpg


今年はPualinho da Violaの年とのことで、セットリストにパウリーニョの曲も4曲入れました。
お客様は暖かく、三日連続で来てくれた方も!!うれしかった。
f0223036_20383079.jpg


2日目にはテレビの収録があり、相変わらずとっちらかった英語でインタビューに答え、演奏も含め約一時間の番組になるそうです。
見たいような見たくないような、見てほしいような見てほしくないような。。。
ディレクターさんと記念撮影。
f0223036_20315418.jpg


ブラジリア在住の映子さんが訪ねてきてくれました!
映子さんは日本にいたときはフォホーバンドをやっていた方。
今はショーロ学校でサンフォーナ(アコーディオン)を勉強中なんですって。
映子さんにはお世話になりっぱなしで、観光にも連れて行っていただきました。
f0223036_20344030.jpg

カテドラルでセルフィー。
f0223036_20352975.jpg

Ponte JK 美しい橋です。
f0223036_20372010.jpg


三日間のショウが終わり記念撮影。
f0223036_2040056.jpg


21日の朝の便でリオに戻ってきました。
空港からのUberで車を呼んだのですが、降りたときホナウドが楽器を忘れちゃって、
さすがのホナウドも青くなってましたが、「大丈夫、きっと戻ってくる」と言って待っていたら、
戻ってきました~!!
「黄色いタクシーだったら絶対戻ってこないよ。」って。
Uber安いのにちゃんとしてる。
これからブラジルに来る方、お勧めです。
[PR]
by sachipaya | 2016-05-23 20:46 |

Segunda-Feira no Rio

5月16日の日記です。

リオの月曜はわれわれにとって濃い曜日らしいです。
毎週のお楽しみのEpoca de Ouroのラジオ。
Casa do Choroは毎日興味深いコンサートがあり、
月曜のBar SementeはZé Paulo Beckerです。
濃い~!

ウルグアイアナからカリオカへちょっとお買い物でもと思って歩きましたが、
決めかねたままEpoca de Ouroのラジオへ。
今日はフランス人のヴァイオリンにストとドイツ人のクラリネット奏者。
お二人ともショーロを勉強されてるそうです。
もうちょっと聞きたいなあと思いつつ、18:30からのCasa do Choroへ向かういます。

今日のCasa do Choroはオフィクレイド(生で初めて聞いた!)のコンサート。
ショーロのなかでとても重要だった時期があるそうです。(あとで尚美さんに聞いた。)
これがまたすごく面白いショウで、CD買っちゃいました。
歴史のこともたくさん話していらっしゃると思うのですが、私の言語能力では一ミリもわからず。(悲)
もう少し勉強してみます。

その後LAPAへかにつめフライをあてに、ビールを飲んで、セメンチへ。
われわれのCasa do Choroでのコンサートにも来てくださっていた克美さんとご主人のパウロさんと再会できて「一緒にのみましょー!」なんて言って、ふっと後ろを振り返ったらチアーゴ(ホナウドの息子さんで、バンドリン奏者)が演奏者席に座っていて。そやそや、チアーゴここのレギュラーやったわ。
昨日ホナウドのおうちではすれ違いで合えてなかったのですが、やっとご挨拶して、
「昨日のうちのFeijao Brancoおいしかったやろ~?」なんてお話し、ゼ・パウロにも自己紹介をしたら、
「CDいいね、何回も聞いたよ」と言ってもらえてうれしかったです。

そして演奏開始。
こちらも熱い。
f0223036_084669.jpg

かぶりつきでこれ見れて、ほんと幸せです。

ミーハーに写真を撮っちゃったりして。
f0223036_095999.jpg


セカンドセットの間にホナウドが登場して、またワーワー言って夜は続く。
ホナウドは疲れたらしく演奏せず。
息子さんの演奏を満足そうに見てらっしゃいました。

最後に親子セットで記念撮影してもらいました。
f0223036_0122471.jpg


Lapaで夜カメラを取り出すのはなかなかどきどきしますが、セメンチの前から水道橋を撮ってみました。
f0223036_0134183.jpg

[PR]
by sachipaya | 2016-05-18 00:15 |

Niterói

5月15日の日記です。

Juiz de Foraから朝のバスに乗って、リオに戻りました。
行きしな撮り忘れたので、景色の写真でも。
山頂付近。
f0223036_2325218.jpg


リオに近づいてきて、Pão de Açúcarが見えてきたらなんだかうれしくなりました。
f0223036_23251928.jpg


Rodoviáriaについたら、尚美さんとルームメイトあやちゃんが待っていてくれて、
みんなでそのままNiteróiへ直行しました。
ニテロイのお医者さんのお宅でプライベートのパーティがあり、そこで演奏して、CDをお披露目しました。

そこへ行く前にホナウドのおうちへ。
お部屋を案内していただき、たくさんのレコードコレクションを見せていただきました。
お医者さんのおうちへ行って何時にお昼が出てくるかわからないから、少しおなかを満たしておこうと、
奥さんのすっっっっっごいおいしいFeijão BrancoのDobradinha(白いんげん豆とトリッパの煮込み)をいただきました。
これからお医者さんのおうちでお昼食べるからあんまりもりもりいけないのが修行のようにつらかったです。
めちゃめちゃおいしかった~!!やっぱり家庭料理は外食とはぜんぜん違う味わいで、これがきっとブラジルのホントの料理なんだろうな。
食べるのに夢中で、いろいろ写真を撮るのを失念。

それからいよいよお医者さんのおうちへ、
これがまたすっごい素敵なプールつきのお家。
f0223036_23414366.jpg


f0223036_23431216.jpg

f0223036_23441850.jpg


尚美さんもピアノを弾き、フルートも吹き、ルームメイトあやちゃんもフルートを吹いて、4人で演奏したシーンもあるのですが、4人とも手が空いてないので、写真はなし。
ルームメイトあやちゃんには本当にお世話になりっぱなしです。。。
ありがとう。

割とご老人がおおいパーティだったので、7時ごろには終了。
バスに乗って帰ってきて、さらに3人で飲みなおしました。
長い一日だったわ。
[PR]
by sachipaya | 2016-05-17 23:47 |

Juiz de Fora2 コンサート

5月14日の日記です。
前日かなり飲んだので、のーんびり。
12時にホテルに行くからお昼しようと言っていたのに、誰もうんともすんとも言ってこず。
そういや先日出演したラジオの再放送の日だなあと思っていたら、Facebookで日本の友人達が聞いてくれているではありませんか、Facebook上で会話しながら聞き、いい加減おなかがすいたからあきらめて一人で遊ぼうと思い、13:30に外に出てぶらぶら歩いていたら、向こうからAdorianoとAnaが歩いてくるではありませんか!危うくすれ違うところでした。

何食べる?と聞かれたので、やっぱりここは有名なFrango com Quiaboをリクエスト。
おいしいところは遠いし、あっちのレストランはない、ここならFrango Caipiraおいてるからおいしいに違いない、と一箇所白羽の矢を立てて電話をして作ってもらうことになりました。

やってきたのがここ!

f0223036_22291633.jpg


AdorianoとAnaの行き付けのバーだそうです。

で、これ!
アペタイザーの豚とパイナップル!
f0223036_22363016.jpg

Frango com Quiabo 鶏とおくら
f0223036_223026100.jpg


盛り付けて、こう!
f0223036_22375788.jpg


以前よりブラジル人が「ミナス料理はうまい!」と言っているのを聞いていたので、めちゃめちゃ期待していたのですが、期待以上!!
ほんとにおいしかった~。

満腹でホテルへ戻り、サウンドチェック。
ホナウドは実は昼間もうひとつサンバの仕事をしていたらしく、ちょっとお疲れのご様子。
ホントはご飯食べていこうといっていたのにまったく間に合わず。残念でした。
ちょっと休憩していよいよ本番です。(ここへたどり着くまでが長かったなあ。)

こんなかっこいい写真を撮っていただきました。
f0223036_2247386.jpg

みなさん暖かく盛り上げていただきました。

そのあとはRoda de Choro。
f0223036_2383954.png


さすがに疲れていたのと、翌日早いので0:00にはお開きといいながら、
1時間くらいさよならを言うのに時間をかけて、
部屋に戻ったら1:30くらいでしたwww(ブラジルでは普通)

というわけでJuiz de Foraはここまで。
[PR]
by sachipaya | 2016-05-17 23:12 |

Juiz de Fora 1

5月13日の日記です。

ミナジェライス州のJuiz de Foraで演奏するため、ホナウドと旅に出かけました。

リオは明け方から雨が降っていたので、大変な渋滞だったらしく、ホナウドは約束の9:30にはたどり着けないから、10:00にしてと連絡があり、私は比較的のんびり出発。
Rodoviária(バスターミナル)までタクシーで行くと、見たことのない建物で、どうやらいつかは知らないのですが新しくなっていたらしい。(私は9年前しかバスに乗ってないので)
ほんとにここでいいのか不安に思いながら、うろうろしていると、10:15ごろホナウドやっと到着!
予定では10:30のバスだったのですが、11:30のバスに乗ってリオを脱出します。

あっという間に寝落ちしてたのですが、目が覚めたらものすごい山道をぶんぶん飛ばしていくトラックがたくさん。それに負けじとわれわれの乗ったバスもがんがん追い越したりして、ちょっとどぎまぎしてしまいました。
が、窓の外はMata Atlânticaと呼ばれる、大西洋岸森林。美しい緑は日本で見る緑とはまったく違った緑に映ります。でもあまりに山道なので不安になったのでとりあえず寝ましたww

それからまたしばらくして目が覚めるとまたちがった地形になっていて、程なくJuiz de ForaのRodoviáriaに到着。今回大変お世話になったEloizaがお迎えにきてくれてて、演奏するホテルのレストランへ直行して、
はらぺこのわれわれはミナス料理にありつきました。

f0223036_2205118.jpg


それからJuiz de Foraのショーロのグループ、Segra o Choroのイベントの宣伝のためTV収録があり、翌日のわれわれのコンサートの宣伝もかねて、私もちゃっかり映ったつもりが、放送は月曜日らしく、意味がないので、なぞの東洋人がシェイカーを振っている映像が月曜にながれたはずですwww。

f0223036_226557.jpg


このホテルのレストランで毎週金曜Roda de Choroが行われております。
クラリネットのCaetanoはとても英語が上手で、いろいろ助けてもらいました。
Rodaのときは友達からピアニカを借りてきてくれて、私も参加することができたり、
次になにが起こるかわからなくてぽかんとしてたら、さっと通訳してくれたり。
本当に助かりました。
そして、驚いたことにこのCaetano! 私が初めて作曲したChoro、Menina Hanaを知ってると言い出してびっくり!You Tubeでいろーんな国のChoro事情をチェックしていたみたい。
うれしかったわ~。

f0223036_22104712.jpg

右からCaetano、Eloiza、私、Ronaldo do Bandolim

Rodaは夜中まで続き、もちょっと飲むかって感じになったので、Eloizaも仲良しのAdorianoとAna夫妻のおうちの近所のバーまで行きました。
普段はサンバやったりしてるバーらしいのですが、今日はなぜかアメリカンロック。。。
どうしよう、よそへ行こうなんて話してたら、もう演奏が終わるとのことで、結局居ついて、何を何語でしゃべったかわからなくなるくらい、わあわあ盛り上がりました。
ここでの写真は皆様に公開するのは控えたいと思います。

というわけで、今日はここまで。
[PR]
by sachipaya | 2016-05-17 22:16 |