ピアノ弾き 伊藤祥子の冒険

sachikoito.exblog.jp
ブログトップ

小沢健二さん

いやあ、epoca de ouroから立て続けに神様ラッシュですよ。

知ってる人は知ってるんだけど、


小沢健二さんは私の神様です。


ずっとずっと音楽たくさん聴いてきたし、自分でも挑戦してきたし、
でもついに


『ああ、心ってこうやって震えるんだ』と教えてくれた人でした。


それって技術じゃないし、流行でもない。
ただ表現するよろこびを持って表現したものを、
こちら側もよろこびを持って受け止めることができた瞬間だったんだなあ。

あれからずいぶん経ちまして、
いろいろありました。私も。


きっと小沢氏にもたくさんいろいろあって。


でもまた今日の彼の音楽に共鳴できたことを大変うれしくおもいました。


そしてまたやってみようと思ってくれたことに、こちらも勇気付けられるような。


NY大停電の話とか、日本が安全な話とか、同時期にNYに暮らしていた身としては、
その辺もかなり共感できる部分もあり。

そして新曲がすばらしく私好みで!
アルバム『LIFE』で小沢氏の音楽にはまりましたが、
以前として『大衆音楽』をテーマにしてるものの、『LIFE』とはまたちがった音楽性で、
今の私の大好きな音楽でした。

一貫している彼の音楽への姿勢と再び共鳴できたのは、自分も結構一貫してるかな?
なんて、ちょっと安心したというか。


このライブの告知があったとき、『もちろん行きますとも!』と思ったと同時に
『あんまり好きじゃなかったらどうしよう』と不安もあり。
正直『ちょっと様子を見に・・・』という気持ちも少しあったのですが、
音楽を受け止めるのにいっぱいいっぱいで『様子を見てる』暇はありませんでした。


どうもまとまりませんなあ。。。
思い返してたら興奮してきた。
眠らなければ。。。
[PR]
by sachipaya | 2010-06-11 00:49 | 音楽